脚やせに冷えは天敵!?

温泉地などでよく見かける「足湯」。
お手軽温泉気分が味わえる人気の施設ですが、脚やせにも効果的ということをご存知でしょうか?

 

正確にはむくみの原因となる冷え対策として足湯はとても有効です。
夏でも足先が冷えるという方は少なくないと思います。
冷えは血液を身体中に送るための体内ポンプの機能が弱っていることから起きます。
つまり、血行を良くすることで冷えは改善可能なのです。

 

足湯は脚を温めることによって脚だけでなく全身の血流を良くし、冷えやむくみを予防してくれるのです。

 

むくみと冷えの関係

では、冷えると足がむくむというのは何故でしょうか?
先に述べた通り、冷えは身体の血流が悪くなることによって起こります。
身体の血流が悪くなると、身体の隅々にまで栄養が行き届きにくくなるのはもちろんですが、老廃物が回収されなくなるのです。
これらがまたってしまったのがむくみです。

 

夕方になると足がパンパンというのは、重力の影響で脚に老廃物がたまっている状態です。
特に女性は足の筋肉が男性に比べて弱いので、血流が悪くなりがちです。
(健康な状態でも朝と夕方では靴のサイズが変わりますよね)

 

冷えやむくみを改善にするには、筋肉をつけて血流を良くするのが一番です。
ちなみに、足湯は足の血管を広げて血流を良くする効果があるため、冷えやむくみに効くんです。

 

 

脚やせにはまず血流改善

脚やせの第一歩は血流改善です。
脚が冷えるな〜と思うことがあれば、それはむくみの前兆です。
しっかり対策してキレイな脚を手に入れましょう。

 

血流改善には着圧ストッキング・レギンスもおすすめです。
脚をきゅっと締め上げ、さらに保温効果も高いので血流改善にはもってこいです。